夏に多い疾患!!

夏になりました 。!

「橋本クリニックみみはなのど」に来院される患者様に多い疾患は

1.プールに入りますので “中耳炎 ”“外耳炎”になりやすいです。

2.特徴のある感染症として 、“手足口病 ”“ヘルパンギーナ ”“プール熱 ”“溶連菌感染症”
もちろん、冷房や暑さによる体力低下から“感冒”の患者様は多いです。

3.“熱中症 ”これは耳鼻咽喉科の疾患ではないですが、発熱のため風邪と思われて来院されます。
特に多いのが “夜間熱中症”です。
夜中、風邪を引かしてはいけないとエアコンを止めます 。すると、大人と違ってお子様は体表面積が小さいために 、簡単に脱水状態になってしまうのです。
特徴は朝一番に高熱、その後、水分をしっかり摂って、涼しい部屋で休んでると、だんだん熱が下がってきます。

4. 気温が高く、湿度も高いため、普通のアレルギー性鼻炎は落ち着きますが、“プールの塩素消毒水による鼻炎”は増えます。
また、それに伴う“鼻出血”は非常に増えます。

5.最後にとびひ、身体だけでなく、“耳や鼻のとびひ”の患者様が多いです。

もちろん、その他の耳鼻咽喉科、小児耳鼻咽喉科の病気の患者様も
「橋本クリニックみみはなのど」までご来院ください。