喉につまり感のある患者様

2020/11/11(水)
コロナ禍になってから、
『喉につまった感じがする』という訴えで、ご来院させる患者様が増えました。

このような場合、耳鼻咽喉科では、必ず、ファイバースコープで喉を診察します。
時には、喉にポリープや腫瘍が見つかる場合があります。

そうではない場合、最近多い疾患は、【逆流性咽頭喉頭炎]という疾患です。
これは、胃酸が増えて、それが胃から食道、さらには、喉(咽頭・喉頭)へ逆流するため、喉の粘膜が赤く炎症を起こす病気です。
そのために、喉に不快感や違和感などが生じます。

治療は、逆流性食道炎の薬を内服することです。

コロナ禍で、ストレスを感じたり、過食になったり、日常の運動が不足するなど、
胃酸が増えやすい環境になっているのが原因です。